栃木県足利市南大町122-4

0284-22-4440

営業時間:9時~21時

ブログ記事SUGURU工務店 ブログ 

SUGURU工務店 ブログ 

古民家再生物語 第二章 [古民家再生物語 第二章]

投稿日時:2015/06/03(水) 18:32rss









木の習性を生かしたシンプルで合理的な構造、
ため息が出る程、美しい…。


見せようとせず、ただ合理的である事。
すなわち「自然と調和」する。


これが美しさの秘密です。


約一世紀の間、この家を支え
家族を支え
時間がたつにつれて、より美しく…


まさに、


「繁栄は美の約束」


長期優良住宅、スマートハウス、低炭素住宅、パッシブハウス…
国が目指す方向は素晴らしい…。


しかし、
僕らが未来へ残すべき物はこういった建物かもしれません。



美しく繁栄する…

未来の為に。





































長い間使われていなかったこの建物を蘇らせるべく、
大規模な工事が始まります。




まずは、解体工事。








天井を落とすと黒光りした梁が出現!












キッチンにも。








見事な構造。しかし、ひとつ問題が…。
約一世紀分のホコリや砂が梁にくっついて固まってしまっている。
水ぶきを何回しても汚れは落ちない…。



ボクはこの非常事態に備え用意していた道具がある。

まず、長靴にカッパを装備!
この日はまだ12月、気温は3°しかない為、この装備が暖かい。



新しい道具をセットしたボクは、スイッチを押した!





押し続けた…。




この日の気温は3°…。

気がつくとカッパの中はびしょびしょ。
ボクはこの後、
カッパの機能を過信してしまった為に…
風邪引いた…。



数日間高熱と戦っが、ジェネリックのおかげで見事に回復。
すぐに現場へと戻って工事を再開させた。





床下地








壁下地




サッシ取り替え




新しいサッシをはめているのは、サッシ工事担当の小高君。
高校時代の同級生で部活も一緒だった。
彼は今、缶コーヒーに異常にうるさい。
…。




断熱材入れ+ボード張り

















































 

コメント

かっこよかったです!
動画にしたら面白そうだと思いました!

Posted by Toru Ryokawa at 2015/06/04 10:20:50.655658+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

0284-22-4440お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ